<< 練習 | main | 再訪パタヤ >>

帰国

7月13日  JAL34

羽田 早朝6時 Landing

  10分ほど 機内待機がありましたが

順当に機外へ −− 直ぐに近くの 部屋で 又待機

さほど待たずに あらかじめ機内で記入した調査票のチェック

 

それが済んだところ 又別の場所へ案内され

そこで コロナチェック −− 綿棒を鼻に 突っ込まれ

これが 結構痛い。

 

当方は 身内が車で迎えに来ることを

申請していたので そのまま すんなり

入国手続き場所へ 移動。

 空港の端から端まで 歩かされた感じ

凄い運動した。

 

とにかく 乗客が少ないので

すーっと 通過。

 

荷物受け取り も 当方の預け荷物2ケ

手押しカートに 親切にも 載せてあった

ーー 凄い

 

で、スイスイ 7時過ぎには

到着ロビー へ。

 

検査等で 随分と 待たされるかと思っていたら

なんとも 手早く済んでしまった。

 

が、これは 搭乗客が 極小だから −−

通常の乗客数が 入国すると  処理能力が不足する

でしょうね。

 

 

昨年 12月に タイへ入国

本来なら 3月初旬には 帰国する予定でしたが

 

コロナ騒動で 少し 帰国をずらす事にしたのですが

変更の 又 変更で 結局 ほぼ7ケ月も パタヤ滞在に

なってしまった。

 

  毎晩のように 粽で 飲み会に 付き合ってくれた

女性軍 −− 退屈せずに 済んだ  ありがとう

 

12月には パタヤへ 再訪予定です。

 

ツーリストで もっている パタヤです。

お早い お越しを お待ちしております −−

 

 

chimaki1 * - * 20:10 * comments(2) * - * pookmark

コメント

タイで エジプト軍関係者の 感染者が ラヨン市中を歩き回り
結果として菌をばらまいた らしい。

ーー これも困りものだ
Comment by ちまき @ 2020/07/15 11:09 PM
日本の水際対策が甘いため、米国の軍関係者3人が、PCR検査後、「レンタカーで帰る」と嘘の申告をして、検査結果判明前に、国内線で岩国へ移動し、その後に陽性が確認されました。
「羽田から岩国」は800km以上あり、レンタカーで移動と言うのは??ですが、たぶん、横田とか横須賀とか、嘘の基地を申告した可能性がありますね。
このような事例は頻発してるようです。

◆岩国基地でコロナ感染の米軍関係者3人が民間機で移動 日本側へ虚偽申告

2020年7月15日 東京新聞

米軍岩国基地(山口県岩国市)の関係者3人の新型コロナウイルス感染が14日判明し、河野太郎防衛相は、3人が12日に羽田空港から入国した際の申告とは異なり、民間航空機で岩国錦帯橋空港に移動していたと公表した。

防衛省によると、3人はいずれも米兵の家族とみられ、入国の検疫手続きで、移動経路について「公共交通機関は利用せず、レンタカーを使う」と虚偽の申告をしたという。河野氏は記者団に「極めて由々しき事態だ」と語り、米側に厳格な処分と再発防止を申し入れたと明らかにした。

現在、政府は新型コロナの水際対策として米国人の入国を拒否する措置を講じている。一方、米軍人の特権的地位を認めた日米地位協定に基づき、米兵らは入国拒否の対象外。また、政府が地位協定とは別に結んだ米側との取り決めで、在日米軍の家族らも入国拒否の対象とならない。

在日米軍のコロナ感染を巡っては、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場などでもクラスター(感染者集団)が発生したとみられ、約100人の感染者を確認。同県の玉城デニー知事は15日に上京し、厳正なコロナ対策を在日米軍に促すよう河野氏らに求める。

河野氏も米軍の対応を問題視しており、14日の記者会見で「感染防止対策でいくつか問題があることが発覚し、在日米軍に厳しく確認する必要がある」と述べた。その一環として防衛省や県などは同日、米軍が感染症対策で使用している沖縄県北谷町のホテルを視察した。
Comment by 高橋 @ 2020/07/15 2:36 PM
コメントする









このページの先頭へ