<< 移動 | main | 臨時休業 >>

17日 SUN

17日(日)   稚魔喜会

 海軍 Plutaluang   いつものゴルフ場です。 Thanks fo join

 

   本日はチェンマイで お住まいの方も ご参加

  又 来年も お越し下さいませ

 

  当分、日曜日は 海軍  水曜日はパタカン にしようと思います。

 

   その他 ご希望は 火、木、金で お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆彡☆ 閑話休題 

   アメリカン・ジゴロ と ヨーロピアン・ジゴロ

 

塩野七生 氏の 文庫本から −−−

映画からの話題です

 書かれた時  イタリアで「プリテイ・ウーマン」が観客動員数で

検討していた頃 −− 娼婦の出世物語である

「マイ・フェア・レデイ」のアメリカ版ということだった

主演男優が同じ リチャード・ギアということもあって10年前に

つくられた「アメリカン・ジゴロ」を思い出した

 なかなか良くできた映画だったと思うが、この10年間

リメイク作品がつくられたという話を聴かない

 

若さと美貌だけしかなくても玉の輿に乗るオハナシは際限なく

リメイクされるのに、ジゴロのは そうではないのはなぜ?

ーー ジゴロが男本来の生き方からすれば不自然な生き方であると

アメリカ人は思うのだ。

ーーだから「アメリカン・ジゴロ」なんだ

 

ーー ところが、私がローマに住んでいた頃 −− 知人に

有名な化粧品会社のオーナー社長(女)に囲われていた

ローマ大法学部の学生がいた

 彼は卒業後ハーヴアードのロー・スクールに留学(庇護のもと)

10年後 その会社のヨーロッパ部門のボスになっていた

ーー 彼女の死後もスゴ腕という評である

「その後のずっと彼女が亡くなるまで?」

「ときどきはね、僕だと彼女はすべてに安心だったから」

 

これが ヨーロピアン・ジゴロ です。

 

     

chimaki1 * ゴルフ * 23:31 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ