<< えーっ! 休むの? | main | 今年2回目のゴルフ >>

今日はヒマでした − 休み

あー! ヒマだった!

 

@ 日本で 公共場所 − 学校とか災害時に役立つように WIFI を設置するとかーー

 無料WIFIの設置は 日本は 格段に遅れている。

 

 従来の電話会社が、自分達の有料WIFIを使わせるために、例えば喫茶とかレストランとか

で囲い込みをやっている。

 

例えば、スタバは無料WIFIを設置しているが、ドトールは囲い込に屈して有料WIFIしか

おいてない。

多くの飲食店でも、無料のを設置していない −− 世界の趨勢に遅れている。

 

タイでは 多くの飲食店には無料WIFIがある −− オープンバーでも設置している

所がある。

 

大抵の店はインターネットを使っているので、WIFI電波を飛ばすのにお金はかからないのだ。

 

 

数年前に 横浜美術館で WIFI あるかと聞いたら、あるけど外国人にしか

提供してないとの返事。

 

 なんなのだ ! びっくりたまげた。 どうして?

何か、日本は せこい のだ −− 勘ぐるに、従来電話会社からの圧力があって

そういう仕組みにしていると思われる。

 

孫さんか 何かしらないけど 世界にも手を伸ばしている男が、そんなセコイ事するな!

 彼だけではなく、従来電話会社の経営者が皆同じなのだ

  世界から脱落した日本の狭い市場だけにこだわるから −− いかんのだ。

 

 

 

@ 中国政府は 嫌いだ −− 個別中国人は別です。

 ときおり中国人のお客さんがみえるけど、−−

 年末だったか、遅く一人できて、たどたどしい日本語で

 ハナシかけてきた。 日本が好きだから日本語を勉強している

 と言ってました。

 

が、国としては、覇権を広めるため、傍若無人に色々なことをやっている

ーー 米のトランプは 中国経済政策に対して結構文句をつけている

から、なかなか興味あるな。

日本政府は そんな強腰が取れないから なめらている。

  −− というか鳩ポッポみたいに中国に尾を振る奴がいる。

 

ところで

ニュースで知ったのですが 中国に駐在する人間にランク付けするんだって

 

来て欲しい人と来てもらいたくない人と区別していくらしい。

ま、本音はどこの国にもそういう気持ちはあるよね。

 

中小企業から派遣されている人達のランク付けはどうなるんだろう

ーー かなり不利な点数になるのではないか。

 

ま、中国の市場は大きいから、彼らも来て下さいというスタンスから

逆転して、来たいのなら、中国側から選ぶよと言い初めたんだ。

 

 

☆☆☆ それに関連して タイ もビザを取りにくくなっているみたい。

 

以前は、リタイアした人達が80万B預金すれば、簡単にくれたのが、

今はそうもいかない。

 まず、銀行口座が簡単に開けない − 受け付けてくれない。

 

ある人の手助けをしたのですが、すったもんだの挙句

まず、イミグレに行って、ビザ取得の手続きをしてから

ようやく銀行口座開設のお墨付きをもらって、銀行に行く。

 

 それでも、拒否する銀行がある − ビジネスとしてうま味がないのでしょう。

AEがついていって、交渉して何とか Bangkok Bank に口座が開けた。

 

 タイも いきのいい 働ける(会社駐在員など)人達は歓迎するが

 リタイアした人達は、もういらないと言っているのと同じですな。

 

 リタイアしても、結構お金を使える人達は居るのですがね −−

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

chimaki1 * 日本一般 * 01:30 * comments(1) * - * pookmark

コメント

2日(月)は、手違いで臨時休業となり、残念でしたね。
まあ、日本人とタイ人の仕事に対する観念は全く違うので、しようが無いですね。
お近くのセントラル・マリーナには日本の牛丼店「すき家」がオープンし、人気のようですから、今後、激戦になりますか?

中国の外国人駐在員に対するランク付けはどこまで本気なんでしょうね。
120点満点で、A、B、Cと評価するみたいですが・・・
学歴では、早稲田、慶応大学を卒業していても「0」点ですが、マスターのように旧帝大を卒業してると、「+5」点だそうで有利ですね。

タイ王国も、発展途上国から中進国に格上げになり、昔のように、外国人=お金持ち、という感覚は無くなってきました。
新しいリタイアメントビザの規定では、毎月30万円、タイ国で生活費として使ってくれないといけません、ということですから、現在のロングステイヤーの大半は本国へ帰還せざるを得なくなりそうですね。
Comment by KINTA @ 2017/01/03 4:04 PM
コメントする









このページの先頭へ