<< ワインバー | main | 盛況でありがとうさんです >>

流れ検査

寝ている間に大腸内視鏡検査が済んでしまった。

昨夜から、薬を飲んで早出し −−

そして今日は、朝6時前から起き出し、2リッターもの水溶液を2時間かけ
ゆっくりと飲めということでした。

これがまずくて、気持ち悪い −− 
これさえ無ければ、大したことはないのですが。

ここのクリニックは、この検査で名前がうれているから、多くの受検者がいる。
一種のベルトコンベヤに乗って、はいよ!ハイヨ!と流れていく感じです。

検査台に乗って、注射を打たれたと思ったら、すぐに寝てしまった。
いつ、お尻から管を入れられたのか、まったく覚えていない。
気がついたら、もう終わっていて、別場所に安置されていた。

その後の医者の説明も 「何も、問題ありませんね」
だけで、その他の説明はなし −−
本当に、しっかり診てくれていたんでしょうか? 疑ってしまいます。
一抹の不安が残ってしまう。




☆☆☆ 今週の水曜チマキ会は 8名の参加のようでした。
ありがとうございます。

伊○さん、いつもお世話係り ありがとうございます。
chimaki1 * 健康 * 21:36 * comments(5) * - * pookmark

コメント

検診マニアではないのですが、一度全身の検査をやろうかと思ってたのですけど −− ま、止めた方が無難かな。

何か見つかって、クヨクヨするのもつまらないし。
常用薬は、今のところないからね。

腰痛もだましながら、付き合っていくかな。

 
Comment by ちまき @ 2014/11/25 1:09 PM
そうですか  
私も昨日 近所の医者に行き先日の検便結果を聞きました
これを含め、レントゲン、血液検査など全て異常なしでした
   (ひと安心)

でも ひとつ言われたのはBMIがオーバーだと
 確かに腹回り 体重 気になっていますが 無精なので
 減りません
Comment by さんた @ 2014/11/23 5:19 PM
検診不要論で有名な近藤誠氏の本を読むと、自覚症状が出るまでは検診など不要というのも肯けますね。

●健康診断で、人間ドックを受ける人も多いだろう。
毎年きちんと受けていれば安心と思いたいところだが、人間ドックに行く人ほど寿命が縮む危険があるから要注意と言うのが、元慶應大学病院の放射線科・がん治療医、近藤誠氏だ。
どういうことだろうか?

「今は機械が精密になっているから、数ミリの小さな腫瘤も発見されてしまう。脳に腫瘤を見つけられて、いつ破裂するかわかりません、なんて言われれば、手術して切除しようと考えるのも無理ないでしょう。

でも、脳腫瘍の場合、1センチ未満の腫瘤が1年以内に破裂する可能性は0.05%です。20年経っても1パーセント。一方、脳腫瘍の手術を受けて、後遺症が残る確率は15パーセントです。どちらが危険でしょうか? 
毎年きちんと人間ドックを受ける人ほど、小さな腫瘍を発見されてしまうから危険なんですよ。

血圧やコレステロールなんかもそう。ちょっと基準値を外れるだけで異常とされ、薬を出されてしまいます。血圧140mmHgで降圧剤なんてとんでもないですよ。適正な血圧は人によって違うのです。それを一律に下げようというのはおかしい。そもそも高血圧値の基準は根拠のはっきりしない恣意的なものです」
 
人間ドックの受診者は年間300万人を超えるが(2012年)、受診者の9割方に、どこかしらに異常が発見される。そして何かしらの治療を勧められるのが現状だ。人間ドックに行かなければ降圧剤を常用する生活とは無縁だった──という人も少なくあるまい。

しかし人間ドックは、がんの早期発見に必要ではないかと考える人は多いが、近藤氏はそれを否定する。

「検診でがんを早期発見すれば、治療しやすいというのは思い込みであって、科学的に証明できるデータはないんですね。それより問題は、検診で“がんもどき”を発見されて、受けなくてもいい治療に駆り立てられることです。今すぐ手術しないと治らないとか脅されて臓器を切除されたり、抗がん剤の副作用で苦しめられる可能性があり、そのほうがよほど有害。不要な治療によって寿命が縮むこともありますから」

“がんもどき”というのは、近藤氏の命名で、放っておいても転移しないがん細胞のことである。「検診で見つかるがんは、ほとんどがんもどき」だと言う。

「一番いいのは人間ドックも検診も受けないことです。体調が悪いという自覚症状が出てきたら検査すればいいのです。無症状で受ける検査は百害あって一利なし」

近藤氏自身、職場の定期健診を受けたのは慶應大学病院に入局した初めの年だけ。その後40年間、受診を拒否した。
その間、病院側が何とか近藤氏に健診を受けさせて、氏の「検診・健診不要論」の切り崩しを画策したことが、新刊『がんより怖いがん治療』(小学館刊)に明らかにされている。
Comment by KEIO @ 2014/11/23 12:24 PM
この検査は3回目で、最初の東京では画面を見ながらでした。
検便では、出血しないと分からないので、今年は受けてません。
松○クリニック(横浜)は、この検査では名が通っているんですが、沢山の被検者を処理するために、眠らせているんじゃないかと −−?  親切じゃないなと感じてます。
Comment by ちまき @ 2014/11/22 9:11 PM
 この検査は 最初に検便で引っかかったから受けたのですか? 私も先日検便検査をしておりますので、今から近所の医者に行って結果を聞いてきます

 ファイバースコープの検査は麻酔剤で眠らせてやるというのは初耳です 私が以前受けたのは、ベッドに横たわって画面を見ながら医師の説明を聞きながらやりました。
Comment by さんた @ 2014/11/22 10:09 AM
コメントする









このページの先頭へ